いい効果がたくさんあることがわかる

女性はもちろんなのですが、昨今男性脱毛がとても人気が高くて髭脱毛が一般的なのです。そして毎日髭を剃っていくのは面倒で、時間が経過すると知らないうちに生えてくるのです。そして女性のムダ毛の処理以上に髭の処理は毎日のことですから、大変でしょう。

そしてはえたままにしておくとビジネスマンとしてのマナー違反になってしまうので、女性のムダ毛以上に大変になります。そこでお勧めできるのが脱毛技術の高いダンディハウスですが、ムダ毛を1本筒安全に確実にスピーディーに処理をしていく美容電気脱毛と、瞬時につるつるの肌になるワックス脱毛のコースがあるのです。

そして、ダンディハウスの髭脱毛であれば全体的になくすことや頬や首のムダ毛をなくすことや、間引いて薄くして見るなどひとりひとりお好みに対応してくれるのです。

そして毎日のシェーピング負担を軽減してくれます。また肌の弱い方にもいいでしょう。そして脱毛サロンはやはり掛け持ちでい返れている方が多いのですが、実際脇は安いが他の部位は高いといった声が増えているからなのです。そして、レーザーをつかって髭脱毛をしてみると毎日の処理に時間をかけることがなくなって、清潔感も出せて好評のようです。そして髭の照射は1回10分程度で、胸や脇でも15分程度で終了します。

さぼり過ぎる営業がいる職場

私の職場の悩みは、さぼっている営業が多過ぎることです。それは、今時には、珍しくルート営業ではないのにも関わらずノルマがないが原因の一つと考えています。

全く売上がなくても、月に1回の営業会議で、怒られるのを我慢すれば、給料に何も影響しないのです。私は、内勤の仕事をしているので、もちちろん、定時まできっちりと仕事をしています。

私の周りの内勤の社員もみんな、「営業は、1日中さぼって遊んでいてもいいだから、ズルイ!」と不満の嵐です。それは、内勤のメンバーも時々、お客さんのところへ車で出掛ける事があるのですが、その際に、何度も営業の車を見掛けているのです。

例えば、コンビニの駐車場に会社の車が止まっており、コンビニ内で営業が漫画を立ち読みしていたのですが、数時間後にも、まだ立ち読みを続けていたり、他の営業では、ホームセンターなどの駐車場で昼寝をしているのをお客さんから言われたり、パチンコをしている姿を見られたりと評判も最悪です。

確かに営業の方も息を抜きたくなる時は、あるとは思いますが、数字を確保してから、堂々とやってほしい物です。お客さんにも合わせる顔がないと思うのですが、本当に困りものです。

転職について思うこと

40代も半ばを過ぎ、そろそろ自分の役割がみえてきました。子供も中学生になり、教育にもお金がかかりますが、転職をひそかに考えています。
現在生産系の仕事を入社以来していますが、海外に生産をシフトしているため、国内では製品を作る仕事が少なくなってきています。

メーカー企業はグローバル化が進んで海外ではたらくチャンスもあるといえばあるのです。

そんなメーカー企業への転職には、大きく3つのメリットが挙げられます。
一番大きいのは、ほとんどのメーカー企業がグローバルな展開を行っているために、日本だけでなく世界で活躍することができる可能性が高いということです。
求人情報の中は海外勤務のものも多く存在します。
世界中を回るようなことも可能となってきますので、グローバルな転職を希望する方にはオススメです。
出典: メーカー企業へ転職したい人はこのエージェントがイチ押し!! / 転職エージェントランキング比較navi

ただしもう年齢が年齢なので海外勤務をする意欲が湧いてこないんです。

以前は工場の中に自動化の生産ラインがあり、1日に何百台も生産していました。組立する人や、運搬する人、検査する人がもくもくと働き、活気がありました。

少しずつ生産ラインでの組み立てが減少し、中国などに移管されています。生産にかかわる仕事の内容も変化してきており、従来は自動化設備や工程設計が主でした。新しい技術を考え、形にすることで、自分の仕事の達成感がありました。

現在は生産をサポートすることが主となり、海外からの生産状況を監視したり、トラブルのフォローが多くなっています。

自分の仕事のやりがいが薄れてきているので、国内でがんばっている産業への転職も考え始めていますが、年齢もあり、難しい状況でです。

うつ病からの社会復帰のため、再就職を検討中

私は職場の人間関係に悩み、うつ病を発症してしまい、やむなく勤めていた職場を今年の5月に退職致しました。
仕事をやめて、しばらくは自宅で長期間休養をとりながら、医師の指導の下、通院と服薬を続けました。

おかげで最近は精神的に落ち込むことも少なくなり、医師からも「仕事ができる状態まで、回復してきている。」と言われるまで改善致しました。

来年には社会復帰のため、再就職を考えているのですが、以前のように人間関係が悪化し、またうつ病を再発してしまうのではないかと思い、なかなか本格的な就職活動には着手出来ていない状態です。とりあえず、今は転職サイトに登録し、転職に関する情報収集だけは行っております。

また転職するにあたって、うつ病を職場にオープンにするかしないかでも悩んでおります。病気をオープンにすれば、作業面で職場の配慮が得られるという利点がありますが、精神的疾患を持つ人を受け入れてくれる会社はやはり少ないため、うつ病を隠して、就職するしかないのではと思っております。

現代人ならば脱毛を

生涯に一度は脱毛をしておくのをお勧めしたいです。美なんてどうでもいい、生活と仕事が大事だ、なんて仕事と生活に必死な人間ですと脱毛をする余裕も興味も無いと思うのですがちょっと生活に余裕がある人ですと自分の外見も少し気になって来る事だと思います。外見に気を使うならばまずは脱毛から、と言いたいですね。

脱毛をしなければお洒落をしても無駄です。自分は男性のスネ毛も不愉快に思ってしまうタイプですので、男性にも脱毛はお勧めをしたいです。女性はきっと既に脱毛を行っている事だと思われます。

毛、というのは人を不愉快にさせるだけでなく自分の美意識すらも軽減してしまいます。髪の毛は脱毛をしてしまってはいけませんが髪の毛と眉毛とまつ毛以外の毛は、現代において無駄な物となっていますから現代人らしく脱毛をしたいですね。脱毛をすると自分が少しレベルアップしたような気分になれます。脱毛をすると良い事ばかりがあります。脱毛を行う際のデメリットというと皆無ではないでしょうか。

少しお金は掛かってしまいますが、現代は何をするのにもお金が掛かってしまいますので、仕方が無い事です。少しお金を掛けた結果、とても清潔な生活が送れるようになります。

仕事がやりずらい人っているよねえ

以前、一緒に仕事をしていてものすごく、仕事がやりずらい人がいました!!
自分のことしか考えず、自分のペース、周り見えていないみたいな・・・
私も困りましたが、その時は、何も言えず、しんどかったです・・・
思っていることを言おうとすると、言っていいのかわからなくなったり・・・
自分が正しいのかわからなくなったり・・・

最後に仕事を辞めるときに、上司にすべて報告するするくらいしか、その時はできませんでしたが、
それでもそれをはっきり言えて良かったと思います。

あの時は、本人に言いにくかったですが、これからは、思っていることや感じていることを
正直に言うことが大切だと思いました!!

言わないとわからないし、言えないと自分の中にストレスが溜まっていき重たくなり、疲れて悪循環・・・
言えないと、どんどん相手のペースになっていく・・・
そういう人はそういう都合のいい人を探しているので、そこをクリアしないと、また違う職場で
同じような人に巡り合ってしまう・・・
だから、NO!ということがすごく大事だと思います!!
今は、はっきり感じた事を表現できるようになりました!!

ある3人の仕事のこと

ある、3人のお笑い芸人が、まだ売れなかった頃のお話です。
3人は、まったく違う個性の持ち主で、芸風も生活もばらばらでしたが、いつか売り出してやろうという思いだけは同じでした。
そんな彼らは、お笑いだけでは食べて行けないので、当然のことながらバイトに明け暮れていました。
ある時、とある串焼きチェーンのお店に3人一緒にバイトで採用されました。
3人一緒に、肉を串に刺す作業をしていたのですが、一人は3本刺したところで「これは違う!」と、そうそうにそこを辞めてしまいました。
もう一人は、串刺しも他の業務もなかなかうまく出来ず、結局クビとなってしまいました。
もう一人は、スタッフとしてめきめき頭角を現し、間もなく現場を仕切るようになって、店長にならないかと声をかけられるまでになりました。
今では、この3人は全員芸能人としてそれなりに有名です。
さて、この3人にとって本当の仕事とは何だったのでしょう。
人間が百人いれば、百通りの適性があります。
ちょっと仕事でうまくいかなかったり、悩んだりした時は、自分の能力が低いのか、仕事との相性が悪いのかを見極めることも肝心です。
ただし、最低限の努力はしましょうね。

HTMLも男も辛い、二極化時代

HTMLコーディングを分かりやすくすることで、UA(ユーザーエージェント)が結果を読みやすくなります。もしもMSゴシック12ピクセルそのものをHTML化したとすれば、MacintoshにはMSゴシックがないから、表示することができません。それに携帯電話端末の表示画面では、文字が小さくなっています。そこで、HTMLでは見出しや段落を付けて、ユーザーの環境で表示しやすいように変えています。

HTMLはからまで、それぞれマークアップしていきます。それぞれの要素をタグで示して、ここからここまでというのを示します。これらがHTMLコーディングの骨格であり、追加していく形で仕上げていくことが多くなっています。

ウェブ業界でのHTMLは、基本中の基本で、さらにもっとスキルが必要です。理屈ではない実践力、企業内で長期間勤続することでスキルが身についてきて、家族を養うような立場でなければならないのが男だから辛いところです。が、若いときにたまたま採用になるかどうかによって、二極化を推進してくれます。

後輩の指導に悩む中年

数年前から春に新人の採用をしています。医療系の技術職です。大学を出て研修を経て社会に出て2~3年目という方が多いのです。30年前の自分を思い出してこんなだったかと思いもするけれどやはり甘いと思ってしまいます。まずは言われないとできない。言われたことしかできない。

やっとできるようになったと思うと人を頼る。自分の力で頑張らない。自信がないからでしょうか。小学校から大学までの教育の問題でしょうか。

自分で考え、準備して、仕事に取り組む。当たり前のことだと思いますがなかなかできない。逆に一生懸命なためか自分だけがやっている気になり周りが見えなくなる。

仕事中には注意しにくい業種なのでそれとなく伝えるのですが伝わらないらしい。今年もやめた方と入れ替わりで数名入ってきたけれどやっとカッコがついてきたかと思います。少しできるようになると辞めていきます。来春になると何人が入れ替わるのか。指導義務はないのだけれどほっておくわけにも行かず口も手も出しています。

本当の巨匠は努力家

ものを作る仕事をしていると、同じ世界で巨匠と呼ばれる人の存在がまぶしく輝いていたりするものです。
巨匠は天才だから巨匠なのだ。
一度名を挙げることが出来れば、誰でも巨匠になれる。
未熟な人はそう考えがちですが、果たしてそうでしょうか。
確かに、功成り名を成し遂げるというのは、ある程度運の力も必要ですが、やはりそのためには多大な努力も必要です。
何より、常に後続の者に追いつかれるという危機感が巨匠を巨匠たらしめているといっていいでしょう。
漫画の神様と言われる手塚治虫も、劇画の隆盛時にはそれらの本を編集者たちの前に放り出し「君たち!これのどこが面白いのかボクに説明して下さい!」と言ったそうです。
また、新世代の旗手として台頭して来た「AKIRA」の大友克洋とはじめて会った時は、恐縮しきりの本人に向って「ボクはね、あなたのような絵も描けるんですよ!」という言葉をかけたとか。
大友からしてみれば、正に神様のその言葉は、とてつもない現役意識の発露にほかなりません。
巨匠は、常に危機感と現役意識をもって、普段の努力を続けていたのです。